雨漏り調査や修理の手順と役立つ火災保険

調査や修理費用がお得になる~雨漏り時に役立つ保険~

このような症状が見られたら危険信号~早急に雨漏り調査~

傘と家

雨漏りは、甘く見て放置しているとどんどん被害が大きくなっていきます。そのため、早め早めに対処して被害を最小限に抑えることが重要です。いくつかの危険信号を見落とさなければ早めに対処することができるので、しっかりと知っておきましょう。

雨漏りの可能性が高い症状一覧

天井のシミ
天井を見たときにシミがあった場合、雨漏りをしている可能性が考えられます。天井から部屋に水がぽたぽたと落ちてきていれば雨漏りだと安易に判断することができますが、部屋まで水が浸入していなければ、雨漏りしているとなかなか気づくこともできません。もしも天井にシミがあったら、それが雨漏りの可能性を示す大切なサインなので、見逃さないようにしましょう。
カビ臭く感じる
雨漏りをすると、屋根裏などに水が入るために湿気が溜まります。そのため、木材が腐食してカビが発生します。カビが発生すると建物の木材もむしばんでいくので、カビ臭いと感じるようになるでしょう。これが危険サインです。このシグナルを見逃してしまうと家の重要な部分まで被害が進行してしまうという可能性もあるので、早めに気づきたいポイントです。
クロスの剥がれ
クロスが剥がれてきてしまった場合も、雨漏りのサインである可能性が考えられます。というのも、雨漏りをすることによって壁紙やクロスなどが濡れてしまいますが、これによって、壁紙やクロスを貼り付ける役割のある接着剤が剥がれてしまいます。すると、クロスなどが剥がれてしまうという現象を引き起こしてしまうのです。

雨漏り調査を依頼する

このような雨漏りの危険サインを見つけた時には、専門業者に雨漏り調査を依頼し、早めに原因を解明しましょう。修理業者では以下のような方法で調査を行います。

散水調査
散水調査は雨漏り調査で行われる一般的な方法の1つで、水を人工的に流すことで水の流れを目視で確認し、雨漏りの原因を探すという方法です。
発光液調査
発光液調査は、特殊なブラックライトに反応する検査用の液を調査箇所に流すことで、より細かく浸水経路を調べられる方法です。
赤外線調査
赤外線調査は、赤外線カメラを使って建物の各部分から出ている赤外線放射エネルギーをチェックする方法です。浸水によって変化が出ているところを確認することで原因箇所を特定します。
ファイバースコープ
ファイバースコープは屋根の内部に挿入することによって、映像で屋根の内部の状態を確認できるという方法です。

雨漏り修理には火災保険が適用される

屋根の修理というのは、状態によっては高額な費用が掛かってしまうこともあり、家庭への大きな経済的負担になりかねません。しかし、実は一定の条件にさえ当てはまれば、雨漏り調査や修理の際に火災保険が適用されるケースもあります。保険の適用により自己負担を減らすことができるのは非常に嬉しいポイントでしょう。具体的にどんな条件があるのかなどを理解した上で、そこに当てはまるかどうかをチェックし、負担額を少しでも減らしましょう。

TOPボタン
火災保険の適用で費用負担減!雨漏り調査と修理の基本